【2019年】さくらんぼ(桜桃)の生産量ランキング!日本の1位は何県?

農産物ランキング

2019年、日本で有名な【さくらんぼ(桜桃)】の産地はどこ?

関連記事:【最新・2021年】さくらんぼ(桜桃)の生産量ランキング

2019年11月8日に農林水産省より公開された2018年産のさくらんぼ(桜桃)で収穫量が多い都道府県は、1位「山形県」、2位「山梨県」、3位「北海道」となります。

【2018年産】県別・さくらんぼ(桜桃)の生産量ランキング

日本のさくらんぼ(桜桃)の生産量(収穫量)を農林水産省「平成30年産・作物調査(果樹)」をもとに、都道府県別で多い順に並べてみました。

順位都道府県収穫量(t)割合
1位山形14,20078.5%
2位山梨1,0806.0%
3位北海道9235.1%
4位秋田4132.3%
合計全国18,100100.0%

【2018年産】県別・さくらんぼ(桜桃)の結果樹面積と10a当たり収量

ここでは全国のさくらんぼ(桜桃)の『結果樹面積(ha)』『10a当たり収量(kg)』『出荷量』などを紹介します。

『結果樹面積(ha)』が広くても生産地の環境や天候などの影響により、『10a当たり収量(kg)』が多い場合や少ない場合もあります。

例えば、結果樹面積が「3位の山梨」は「2位の北海道」よりも狭いですが、10a当たり収量が多いため、収穫量も多くなっています。

※下の表は『結果樹面積(ha)』の広い順で、都道府県別に紹介しています。

順位都道府県結果樹面積(ha)10a当たり収量(kg)収穫量(t)出荷量(t)
1位山形2,86049514,20012,700
2位北海道499185923868
3位山梨3013591,0801,030
4位秋田87475413359
合計全国4,35041618,10016,200

参考資料:農林水産省「平成30年産・作物調査(果樹)」

関連記事:【2021年】さくらんぼ(桜桃)の生産量ランキングはこちら

関連記事:【2020年】さくらんぼ(桜桃)の生産量ランキングはこちら