【2019年】ぶどうの生産量ランキング!日本の1位は何県?

農産物ランキング

2019年、日本で有名な【ぶどう】の産地はどこ?

関連記事:【最新・2021年】ぶどうの生産量ランキングはこちら

2019年11月8日に農林水産省より公開された2018年産のぶどうで収穫量が多い都道府県は、1位「山梨県」、2位「長野県」、3位「山形県」となります。

上位3つの都道府県で約50%のぶどうが生産されています。

【2018年産】都道府県別・ぶどうの生産量ランキング

日本のぶどうの生産量(収穫量)を農林水産省「平成30年産・作物調査(果樹)」をもとに、都道府県別で多い順に並べてみました。

順位都道府県収穫量(t)割合
1位山梨41,80023.9%
2位長野31,10017.8%
3位山形16,1009.2%
4位岡山15,3008.8%
5位福岡7,3004.2%
6位北海道5,1803.0%
7位大阪4,8302.8%
8位青森4,4902.6%
9位愛知4,0402.3%
10位岩手3,2501.9%
11位広島3,1501.8%
12位福島2,6401.5%
13位大分2,5301.4%
14位兵庫2,2901.3%
15位島根2,2101.3%
16位新潟2,0201.2%
17位茨城2,0101.2%
18位秋田1,9401.1%
19位宮崎1,7301.0%
20位埼玉1,3300.8%
21位香川1,3000.7%
22位群馬1,2400.7%
23位石川1,1200.6%
24位愛媛1,0400.6%
25位滋賀5670.3%
26位鳥取5600.3%
27位富山2300.1%
合計全国174,700100.0%

【2018年産】県別・ぶどうの結果樹面積と10a当たり収量

ここでは全国のぶどうの『結果樹面積(ha)』『10a当たり収量(kg)』『出荷量』などを紹介します。

『結果樹面積(ha)』が広くても生産地の環境や天候などの影響により、『10a当たり収量(kg)』が多い場合や少ない場合もあります。

例えば、結果樹面積が「6位の福岡」は「5位の北海道」よりも狭いですが、10a当たり収量が多いため、収穫量も多くなっています。

※下の表は『結果樹面積(ha)』の広い順で、都道府県別に紹介しています。

順位都道府県結果樹面積(ha)10a当たり収量(kg)収穫量(t)出荷量(t)
1位山梨3,8001,10041,80039,400
2位長野2,2701,37031,10029,400
3位山形1,4901,08016,10014,500
4位岡山1,1301,35015,30013,800
5位北海道1,0205085,1804,970
6位福岡7499747,3006,800
7位愛知4558874,0403,680
8位青森4321,0404,4903,590
9位大阪4091,1804,8304,600
10位岩手3549183,2502,950
11位大分2858882,5302,310
12位広島2761,1403,1502,840
13位兵庫2628732,2902,170
14位福島2611,0102,6402,360
15位新潟2518062,0201,760
16位茨城2418342,0101,950
17位島根2319582,2102,100
18位秋田1831,0601,9401,760
19位香川1747471,3001,140
20位埼玉1697891,3301,280
21位宮崎1591,0901,7301,570
22位石川1587101,1201,040
23位愛媛1516901,040973
24位群馬1369141,2401,170
25位鳥取65861560515
26位滋賀531,070567523
27位富山29792230222
合計全国16,7001,050174,700161,500

参考資料:農林水産省「平成30年産・作物調査(果樹)」

関連記事:【2021年】ぶどうの生産量ランキングはこちら

関連記事:【2020年】ぶどうの生産量ランキングはこちら