【2020年】ビワ(枇杷)の生産量ランキング!日本の1位は何県?

農産物ランキング

2020年、日本で有名な【ビワ(枇杷)】の産地はどこ?

関連記事:【最新・2021年】ビワ(枇杷)の生産量ランキング

2020年12月24日に農林水産省より公開された2019年産のビワ(枇杷)で収穫量が多い都道府県は、1位「長崎県」、2位「千葉県」、3位「鹿児島県」となります。

【2019年産】県別・ビワ(枇杷)の生産量ランキング

日本のビワ(枇杷)の生産量(収穫量)を農林水産省「令和元年産・作物調査(果樹)」をもとに、都道府県別で多い順に並べてみました。

順位都道府県収穫量(t)割合
1位長崎1,12032.7%
2位千葉54715.9%
3位鹿児島2557.4%
4位香川2417.0%
5位愛媛2116.2%
6位兵庫1835.3%
7位和歌山1474.3%
8位大分1243.6%
9位高知852.5%
10位熊本712.1%
合計全国3,430100.0%

【2019年産】県別・ビワ(枇杷)の結果樹面積と10a当たり収量

ここでは全国のビワ(枇杷)の『結果樹面積(ha)』『10a当たり収量(kg)』『出荷量』などを紹介します。

※下の表は『結果樹面積(ha)』の広い順で、都道府県別に紹介しています。

順位都道府県結果樹面積(ha)10a当たり収量(kg)収穫量(t)出荷量(t)
1位長崎3752991,120976
2位千葉154355547515
3位鹿児島116220255191
4位香川70344241197
5位愛媛63335211177
6位兵庫40458183159
7位和歌山35420147128
8位大分4825812479
9位高知292928553
10位熊本272647159
合計全国1,1103093,4302,820

参考資料:農林水産省「令和元年産・作物調査(果樹)」

関連記事:【2021年】ビワ(枇杷)の生産量ランキングはこちら

関連記事:【2019年】ビワ(枇杷)の生産量ランキングはこちら