【2021年】ビワ(枇杷)の生産量ランキング!日本の1位は何県?

農産物ランキング

2021年、日本で有名な【ビワ(枇杷)】の産地はどこ?

2020年11月27日に農林水産省より公開された2020年産のビワ(枇杷)で収穫量が多い都道府県は、1位「長崎県」、2位「千葉県」、3位「鹿児島県」となります。

【2020年産】県別・ビワ(枇杷)の生産量ランキング

日本のビワ(枇杷)の生産量(収穫量)を農林水産省「令和2年産・作物調査(果樹)」をもとに、都道府県別で多い順に並べてみました。

順位都道府県収穫量(t)割合
1位長崎65424.7%
2位千葉49418.6%
3位鹿児島2409.1%
4位香川2168.2%
5位兵庫1656.2%
6位愛媛1385.2%
7位和歌山1074.0%
8位大分1054.0%
9位高知913.4%
10位広島803.0%
11位静岡682.6%
12位福岡622.3%
13位佐賀481.8%
14位熊本371.4%
15位三重321.2%
16位愛知311.2%
17位岡山240.9%
18位山口230.9%
19位沖縄110.4%
20位鳥取80.3%
21位奈良40.2%
22位島根40.2%
23位神奈川30.1%
24位宮崎20.1%
25位京都10.0%
26位徳島10.0%
27位宮城00.0%
28位栃木00.0%
29位埼玉00.0%
30位東京00.0%
31位新潟00.0%
32位石川00.0%
33位福井00.0%
34位大阪00.0%
35位滋賀xx
36位北海道
37位青森
38位岩手
39位秋田
40位山形
41位福島
42位茨城
43位群馬
44位富山
45位山梨
46位長野
47位岐阜
合計全国2,650100.0%

「x」: 個人又は法人その他の団体に関する秘密を保護するため、統計数値を公表しないもの

【2020年産】県別・ビワ(枇杷)の結果樹面積と10a当たり収量

ここでは全国のビワ(枇杷)の『結果樹面積(ha)』『10a当たり収量(kg)』『出荷量』などを紹介します。

『結果樹面積(ha)』が広くても生産地の環境や天候などの影響により、『10a当たり収量(kg)』が多い場合や少ない場合もあります。

例えば、結果樹面積が「7位の兵庫」は「5位の愛媛」よりも狭いですが、10a当たり収量が多いため、収穫量も多くなっています。

※下の表は『結果樹面積(ha)』の広い順で、都道府県別に紹介しています。

順位都道府県結果樹面積(ha)10a当たり収量(kg)収穫量(t)出荷量(t)
1位長崎337194654579
2位千葉154321494465
3位鹿児島110218240186
4位香川70309216176
5位愛媛61226138116
6位大分4722410565
7位兵庫38434165122
8位和歌山3530710794
9位広島272968056
10位高知253649157
11位熊本241543730
12位福岡232706251
13位佐賀232094835
14位静岡174006859
15位山口171352314
16位愛知112823112
17位三重103203216
18位岡山7340249
19位沖縄33641110
20位鳥取328087
21位島根220043
22位大阪21600
23位奈良141043
24位神奈川134633
25位宮崎119020
26位京都110010
27位福井14500
28位徳島033011
29位宮城010500
30位栃木07000
31位埼玉019500
32位東京011000
33位新潟020000
34位石川01000
35位滋賀xxxx
36位北海道
37位青森
38位岩手
39位秋田
40位山形
41位福島
42位茨城
43位群馬
44位富山
45位山梨
46位長野
47位岐阜
合計全国1,0502522,6502,170

参考資料:農林水産省「令和2年産・作物調査(果樹)」

関連記事:【2020年】ビワ(枇杷)の生産量ランキングはこちら

関連記事:【2019年】ビワ(枇杷)の生産量ランキングはこちら