【2019年】柿の生産量ランキング!日本の1位は何県?

農産物ランキング

2019年、日本で有名な【柿】の産地はどこ?

関連記事:【最新・2021年】柿の生産量ランキングはこちら

2019年11月8日に農林水産省より公開された2018年産の柿で収穫量が多い都道府県は、1位「和歌山県」、2位「奈良県」、3位「福岡県」となります。

【2018年産】都道府県別・柿の生産量ランキング

日本の柿の生産量(収穫量)を農林水産省「平成30年産・作物調査(果樹)」をもとに、都道府県別で多い順に並べてみました。

順位都道府県収穫量(t)割合
1位和歌山39,20018.8%
2位奈良28,30013.6%
3位福岡15,9007.6%
4位岐阜13,9006.7%
5位愛知13,5006.5%
6位新潟9,7204.7%
7位長野9,3604.5%
8位福島9,3404.5%
9位愛媛8,3604.0%
10位山梨7,4403.6%
11位山形6,8603.3%
12位静岡4,5202.2%
13位三重4,2502.0%
14位茨城3,1001.5%
15位広島2,6101.3%
16位岡山2,4501.2%
17位鳥取2,2901.1%
18位島根2,0601.0%
19位熊本1,9600.9%
20位富山1,7100.8%
21位香川1,2000.6%
22位石川1,1600.6%
23位宮城1,0200.5%
24位福井9460.5%
合計全国208,000100.0%

【2018年産】県別・柿の結果樹面積と10a当たり収量

ここでは全国の柿の『結果樹面積(ha)』『10a当たり収量(kg)』『出荷量』などを紹介します。

『結果樹面積(ha)』が広くても生産地の環境や天候などの影響により、『10a当たり収量(kg)』が多い場合や少ない場合もあります。

例えば、結果樹面積が「8位の長野」は「6位の福島」よりも狭いですが、10a当たり収量が多いため、収穫量も多くなっています。

※下の表は『結果樹面積(ha)』の広い順で、都道府県別に紹介しています。

順位都道府県結果樹面積(ha)10a当たり収量(kg)収穫量(t)出荷量(t)
1位和歌山2,5301,55039,20035,300
2位奈良1,8001,57028,30026,300
3位福岡1,2501,27015,90014,400
4位岐阜1,2401,12013,90012,500
5位愛知1,1101,22013,50010,600
6位福島1,0109259,3407,900
7位山形8218366,8605,580
8位長野6591,4209,3608,240
9位新潟6441,5109,7208,960
10位愛媛6061,3808,3607,350
11位山梨5431,3707,4406,340
12位静岡4221,0704,5202,490
13位岡山3866342,4501,360
14位三重3831,1104,2502,680
15位茨城3758273,1002,730
16位広島3687082,610987
17位熊本3575501,9601,630
18位宮城3203201,020386
19位島根3086692,0601,610
20位石川2913991,160711
21位富山2626531,7101,240
22位鳥取2588892,2901,810
23位香川1746921,200930
24位福井134706946684
合計全国19,1001,090208,000172,200

参考資料:農林水産省「平成30年産・作物調査(果樹)」

関連記事:【2021年】柿の生産量ランキングはこちら

関連記事:【2020年】柿の生産量ランキングはこちら